九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    九州アジア/中国ビジネス研究会のご案内

    九州・アジア/中国ビジネス研究会 第106回研究会開催案内

     

    日時 :  平成28年12月7日(水)18:30 ― 20:30

     

    場所 : エルガーラ・オフィス棟 6階601-2号室 久留米大学福岡サテライト教室

    福岡市中央区天神1-4-2 大丸エルガーラ東館TEL : 092-737-3111
    (エルガーラ・オフィス棟は天神 大丸エルガーラ東館と国体道路沿いで隣接するビルです)

     

    テーマ: 外国人技能実習生制度の仕組みと今後の展望

     

    講師・一般財団法人国際教育協会 麻生靖二 業務執行理事・事務局長

     

     

    (講演概要)
    外国人技能実習生制度は、昭和中期頃からの日本企業の海外進出に伴い始った制度である。海外に工場を建設する企業が急増するのに伴い、工場で働く外国人作業員の教育をどうするかということが問題になった。そこで、彼らを日本の工場のラインで一定期間訓練して、その後進出先の工場に戻すということを繰り返すことで 短期間に彼らを育成することができた。当初このスタイルは大企業のみに認められていたが それを中小零細の企業に拡大適用したのが、現在の外国人技能実習生制度になっている。近年 この制度を更に整備拡大して看護、看護分野を始め様々な業種や職種への実習生の受け入れを促進しようというのが政府の動きである。講演では 外国人技能実習生制度の仕組みと今後の展望について 最新の状況、日本文化との関連を含め わかりやすく解説します。

     

     

    会費:参加ご希望の方は以下に申込み、登録の上、当日会場入り口にて参加費1000円をお支払いください。

     

    申込み先:(株)アジアソリューション・中山芳美 宛

     

    電話 : 092-741-9338   E-mail : yoshimi@asol.ne.jp
                   

    主催:一般社団法人九州・アジアビジネス連携協議会
    共催:九州中国研究会

     

    ※下記添付ファイルもご参照下さい。

    第106回アジア中国ビジネス研究会


     

     

    投稿者:QBS支援室