九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    九州・アジア/中国ビジネス研究会 第110回研究会開催案内

    日時 :  平成29年9月22日(金)  18:00 ― 20:00

     

    場所 : エルガーラ・オフィス棟 6階601-2号室 久留米大学福岡サテライト教室

    福岡市中央区天神1-4-2 大丸エルガーラ東館TEL : 092-737-3111
    (エルガーラ・オフィス棟は天神 大丸エルガーラ東館と国体道路沿いで隣接するビルです)

     

    テーマ : 中日IT協業におけるチャレンジと対策  

    講 師 : 大連華信計算機技術股份有限公司   王 悦  総裁    

     

    [講師略歴]

    1964年9月生まれ

    1982年~1986年 大連交通大学 工業電気自動化専攻 卒業

    1986年~1996年 大連市役所情報センター 

               PG、SE、プロジェクトマネージャー、開発部門 部門長

    1996年~2012年 大連華信計算機技術股份有限公司

               海外事業部門担当副社長

               海外事業部門・コーポレート部門担当副社長

    2012年~現在   大連華信計算機技術股份有限公司

               グループ経営全般担当 社長

               日本向けオフショア事業経歴:26年

     

     

    [講演概要] 

    中国において、日本向けITサービス事業の創成期から携わった経営者として、20数年の業界経験を踏まえ、その歩んできた過程を振り返り、情報サービス産業における中日合作の現状と今日の状況について説明する。

    20数年間の展開、発展を経て、日本向けデリバリー・サポート・サービスセンターを含む多様化したオフショアサービス形態を整備した。 

    現状では、為替レートの変動、人件費の高騰、IT従業者の不足等の課題に直面して、日本向けオフショア事業環境は日増しに厳しくなっているが、日本向け情報サービスリーディング企業として、能力向上に取組、持続的なアップグレートによって新しいチャレンジに挑んでいる。スピードを増すデジタル化時代の難問を解決しながら、日本側顧客のニーズに応えることにより、事業を今後も継続発展していく可能性はあると考えている。

    今回の研究会参加者とは、デジタル経済といった新しいビジネスモデルの下、中日IT産業間の合作を如何に 展開して行くかについて意見交換に期待している。

     

     

    会費:参加ご希望の方は以下に申込み、登録の上、当日会場入り口にて参加費1000円をお支払いください。

     

    申込み先:(株)アジアソリューション・中山芳美 宛

     

    電話 : 092-741-9338   E-mail : yoshimi@asol.ne.jp

     

                     
    主催:(一社)九州・アジアビジネス連携協議会  共催:九州中国研究会

     

     


     

    投稿者:QBS支援室