九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    九州大学×みぞえグループ 第23回 イブニングビジネススクール開催!

    第23回目となる今回の講義は、目代武史准教授による「自然災害への備えと復旧~サプライチェーンのリスクマネジメント」と、村藤功教授による「国民として損をしないために~日銀保有国債の財投スワップ~」です。
    エフエム福岡のこはまもとこアナウンサーが司会となって、ビジネススクール在校生・修了生はもとより、ビジネススクールに興味があるという方まで楽しく学べるイベントです。このイベントで是非”ビジネス力”をアップさせてください!

     

     

    【日時】
    2017年10月20日(金) 18:30受付開始 /19:00開始 (21:00終了予定)

     

     

    【会場】
    FM福岡 会議室(福岡市中央区清川1-9-19渡辺通南ビル5F)

     

     

    【参加費】
    1,000円 ※当日、受付で徴収いたします。

     

     

    【講師/テーマ】
    目代 武史 (九州大学ビジネス・スクール准教授)

    テーマ:自然災害への備えと復旧~サプライチェーンのリスクマネジメント~
    日本は、地震や台風などの自然災害大国であり、産業活動はこれまで多大な影響を受けてきました。2011年の東日本大震災では、部品メーカーや物流網の被災によりサプライチェーンが途絶し、日本の産業界は大きな影響を受けました。一方で、これまでの経験から自然災害への対応力や復元力を高める取り組みも積み重ねられてきています。本講義では、過去の災害から明らかになった課題と教訓を振り返り、どのような対応が求められるのかを東日本大震災と熊本地震の事例から考えていきたいと思います。

     

     

    村藤 功(九州大学ビジネス・スクール教授)
    テーマ:国民として損をしないために~日銀保有国債の財投スワップ~
    日本の中央政府は、バブル崩壊の後始末と社会福祉の拡大で赤字国債の過剰発行を行い、債務超過になっています。これ以上放置すると将来世代に迷惑がかかる状況です。一方、日銀は民間銀行から国債を買い集め、残高は500兆円を超えています。政府の財務を再建するためには、日銀が保有国債を政府保有の財政投融資に転換する必要があります。その後ゆっくりと日銀が保有する公営事業や公的金融機関に対する財政投融資の民営化を進めれば、日本の中央政府は健全で小さな政府になっていくでしょう。

     

    【定員】
    50名

     

     

    【イベントMC】
    こはまもとこ(FM福岡 局アナウンサー)

     

     

    【主催】
    みぞえグループ

     

     

    【協力】
    QTPro

     

     

    【参加申込】
    9月19日(火)より参加申込受付開始の予定です。

     

     

    ◎お申込はエフエム福岡のHPから◎
    http://fmfukuoka.co.jp/event/main.html

     

     

    ※必ずメールアドレスをご記入のうえ、メールでのご連絡となりますので、 「@fmfukuoka.jp」よりメール受信出来るように設定をお願い致します。

    ※お申込みされて数日後、招待メールをお送りいたします。メール送信まで数日かかる場合もございます。 ご了承ください。

     


    投稿者:QBS支援室