九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    自然災害等における休講について

    7/20(土)は福岡市で強い雨が予想されています。QBSにおける自然災害等における授業,学期末試験(以下,「授業等」という。)の対応については以下のとおりとなりますので、各自で気象情報や避難情報をご確認ください。

     

    なお、自宅近辺や通学経路で危険が予想される場合には、決して無理して登校しないでください。命を守る行動を各自で取ってください。

    通学で利用する交通機関が不通になり登校できなかった場合には、遅延証明書やHPの情報のコピー等を、次回授業時に教員へ提示してください。

     

    1. 休講措置を検討すべき事項

       ・自然災害等の外的要因により,授業等の実施が困難と判断される場合。(気象警報,避難情報等)

      2. 休講の判断基準となる情報の発表時等の授業等の取り扱い

     

    (基準情報の概要)

     ・休講判断の基準時刻

       博多キャンパスで18時30分以降の講義の場合:15時00分

       伊都キャンパスで13時以降の講義:10時00分

     ・休講判断の基準となる気象情報

       ①福岡市の気象警報

       ②福岡市の避難情報(指示・勧告等)

       ③福岡県福岡地方の警報級の可能性情報

     

    (具体的な判断基準)

    • 福岡市の気象警報

       ・基準時刻に気象警報が気象庁HPにおいて発表されている場合は休講とする。ただし,波浪,高潮の警報についてはこの限りではない。

       ・基準時刻に特別警報が気象庁HPにおいて発表されている場合は休講とする。

    • 福岡市の避難情報

      ・基準時刻に福岡市の防災・危機管理情報のHPにおいて,キャンパス所在地に避難指示あるいは避難勧告が発令されている場合は休講とする。

    • 福岡県福岡地方の警報級の可能性情報

    ・基準時刻に気象庁HPの「福岡県福岡地方の警報級の可能性」の項目において,二つ以上の警報が,講義開催中の時間帯に「高」と評価されている場合は休講とする。

    ただし,波浪,高潮の警報についてはこの限りではない。

    ・基準時刻に気象庁HP の「福岡県福岡地方の警報級の可能性」の項目において,特別警報が講義開催中の時間帯に「高」と評価されている場合は休講とする。

    • その他
      • 授業等の休講を判断する場合の自然災害の情報収集は,教務課教務第二係が行い,授業等の休講の周知は,「九州大学ビジネススクール公式ホームページ」 (トップページ)を通じてすみやかに行う。
      • 休講措置を講じない場合において,やむを得ない事情により欠席した学生に対しては,授業担当教員の判断により,不利益を被らないよう配慮するものとする。
      • 休講措置を講じた場合,授業担当教員の判断により,補講,その他代替措置を講じることとする。
      • 学生の居住地域等において気象警報又は避難勧告等が発表又は発令された場合についても,学生の生命を第一優先として,学生自身がQBSの基準を参考に,気象警報や避難情報の収集,並びに危険性評価と通学の可否判断を行うものとする。

     

    投稿:教務第二係(2019/7/19)