九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    ビジネス教育の責任態勢

     九州大学ビジネス・スクールでは、その「使命」と「目的」を明確に認識した上で「教育目標」を設定しています。ビジネス・スクールの教育目標を達成するためには、社会のニーズとアカデミックな基盤を満たすような教育内容が定められる必要があります。
     QBSでは、常に内外のビジネス界の動向や環境を見極めつつ教育内容を検討しており、ビジネス界の意見を取り入れると共に、最先端のビジネス研究や経営理論を反映した教育内容を意識しています。内容の濃いビジネス教育を行うためには、まずQBSが育てようとする「経営と産業技術の知見をもって変革をリードし、アジアで新たな事業価値を創造する国際的なビジネス・プロフェッショナル」にはどのような力量が必要か、そのために適切な科目配置が出来ているかという観点から教育体系を整備しています。更に、こうした教育体系やカリキュラムによって、求めるべき力量が達成できているのか、そうした力量の達成ができるような教育方法が採られているかという観点からも、常々点検が行われています。例えば、「学生の成績分布」「実務界(含、修了生や社会人在校生)の満足度評価」「第三者評価機関による点検」などにより、客観的な点検を行っています。これらの教育態勢は、しっかりとした教員や教育環境によって担保される必要がありますが、QBSでは優れた教員と、学生の勉学支援体制を充実することにより、教育効果を最大限に高める努力を行っています。このように、QBSでは、責任あるビジネス教育の提供のために、日々研鑽と努力を重ねています。
     具体的な態勢及び詳細については、次の各項目をご覧下さい。
     

    使命・目的・教育目標

    使命

     九州圏で最初の本格的なビジネス・スクールとして平成15年4月に開校しました。世界に通用するビジネス・プロフェッショナルを九州の地で育成することを目指しています。
     

    目的

     本専攻は、先端的なビジネスの知識と高度なアドミニストレーション能力をもとに、産業や企業のグローバルな展開を主体的に担い、また技術とビジネスの連携を先導するマネジメント能力を発揮して、新時代の産業社会を切り拓いてゆくビジネス・プロフェッショナルの育成をめざしています。
     

    教育目標

     九州大学のビジネス・スクールが目指すのは、「世界に通用するビジネス・プロフェッショナル」です。特に、「経営と産業技術を理解し、アジアで活躍できるMBA」です。入学後、全員がビジネス・リーダーに必要な基礎的科目(アカウンティング、マーケティング戦略、企業財務など)を学びますが、専門科目には、知的財産管理、研究開発マネジメント、イノベーション・マネジメントなどの技術関連科目が配されています。これにより、理科系・文科系の出身を問わず本格的な技術マネジメント教育(MOT : Management of Technology)に触れることができます。また、多くの科目においてアジアが意識されます。アジア志向は九州大学の研究教育活動の主要な柱であり、長年の蓄積があります。QBSにおいても、アジアに造詣が深い教員によるアジア関連の科目が用意され、アジア・ビジネスでも活躍できる人材の育成を目指します。


ご相談の方はこちらからお問い合わせください