九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    3期生

    所属機関名株式会社レイドリクス・
    九州工業大学情報工学部
    氏名尾知 博
    コメント
     

     「私はこれで(小指を立てながら)会社を辞めました」と言う何かのTVCMが随分前にありましたが、「私は株で会社を乗っ取られました」。国立大学教官のベンチャー起業が2002年に許可されたと同時に半導体チップの設計会社を起こしたのですが、こうした苦い経験があり、「技術屋も財務やファイナンス、経営マネジメントが理解できるようにならなければ」と言う思いでQBSの門を叩きました。近年の会計基準の国際化や、株式制度の改革を盛り込んだ新会社法の制定(2006年)など、経営環境は日夜進歩しています。そうした今日において、QBSで最新の企業制度や経営手法をキャッチアップできる技量は身に付いたと思います。そうして、また懲りずに!?新しいベンチャーを起こし、チャレンジの毎日です。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名株式会社西日本シティ銀行
    氏名豊住 慎一
    コメント
     

     銀行に入社して以来10年間、国内営業部門に従事していた私は、財務面だけではなくトータルな企業経営のコンサルティングができるようになりたいと思い、銀行の公募制度を利用してQBSに入学しました。QBSではMBAのカリキュラムのほか、中国主要ビジネススクールへの交換留学プログラムを設けています。地元九州のお取引先には中国に進出しているお客様も多いことから、より実践的な中国ビジネスを学ぶため、銀行の理解を得て、約半年間上海交通大学へ留学しました。帰国後は中国上海勤務を命じられ、QBS及び上海交通大学で学んだスキルを日々ビジネスの現場で活かしています。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名-
    氏名井上 裕美
    コメント
     

     最近、自分の何が変わったのだろうとよく考えます。QBSに入学してから、いろいろな経験をしました。転職もしたし、上海に留学もさせてもらいました。もちろん、MBAとしての知識も習得できたと思いますが、実際の仕事に於いて、何ができるのだろうと日々自問自答しています。MBAは終了しても、仕事に直結する資格ではないことは十分承知していますが、この2年間を活かすも殺すも自分次第だと痛感しています。終了することがゴールではなく、ホルダーになってからがスタートです。蓄積したものを実践にどう活かしていくか、何か創造的なことは出来ないか?2年間やり遂げた充実感と楽しい思い出だけで終わらない、これが私の課題です。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名株式会社ユーテラス
    氏名坂根 毅
    コメント
     

     大学卒業後、大手自動車メーカーに勤務していた私は、父の経営する会社の事業継承を考えるために、QBSへ入学しました。QBSではマーケティングと企業財務を中心に勉強しながら、同期の仲間との勉強会や交流会へ積極的に参加しました。そのような中で在学中に九州大学の技術シーズをコアとしたITベンチャー企業を設立しました。QBSで出会った、経験豊富で志の高い仲間には、今でも色々と相談に乗ってもらい、QBSで習得した知識を会社経営に活かしています。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名日本紙運輸倉庫株式会社営業開発部
    氏名張 軍
    コメント
     

     今年4月に日本紙運輸倉庫(株)に入社し、最初の仕事は、基礎の業務を学ぶことでした。その後、部門の組織構造改革、所属チームの効率改善等を私は提案してきました。これらの仕事では、QBSで勉強したことが役立っています。
     私がQBSで獲得した最大の知識は、問題意識の持ち方と解決策への思考習慣であると思います。QBSでのケース・スタディを通して、問題意識を磨き、更に、企業戦略、マーケティング、企業財務等様々な視点から問題を認識し、解決策を考えられるようになりました。また、QBSという場では、BACKGROUNDの多様な方々、中国をはじめとするアジアの有力ビジネススクールの方々と交流し、互いに勉強することができました。これもとても貴重な経験だったと思います。
     これからも、QBSの先輩や後輩、姉妹としてのアジアのビジネススクールと連絡を保ち、ネットワークを作っていきたいと思います。更に職場で能力を磨き、QBSのブランドを高めるためにも頑張りたいと思います。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名株式会社 大分銀行
    氏名髙橋 祐介
    コメント
     

     私は中小企業に対し有効な経営戦略等の提案を行なうスキルを身に付けるため、QBSに入学しました。
     QBS独自のカリキュラム体系は、各種公的資格の取得では決して獲得することのできない「能動的な知」を私に与えてくれました。今後はQBSで培ったマネジメント能力を活用し、地域経済の発展及び地方自立の一助となっていきたいと考えています。
     私の勤務先は本拠地が福岡県内でないため通学には不安もありましたが、勤務地の変更等勤務先の協力により無事進学することができました。MBAの取得は決して容易なものではありませんが、明確な目的と確固たる信念があれば必ず道は拓けます。
     皆様の積極的な挑戦をQBSは待ち望んでいます。

    (2007年10月寄稿)


ご相談の方はこちらからお問い合わせください