九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    5期生

    所属機関名総合印刷会社
    氏名高橋 利幸
    コメント
     

     QBSでは様々な「誇り」を手に入れました。
     尊敬する先生から学んでいる誇り。ビジネスのプロフェッショナル ・リーダーになるという誇り。そして何より向上心溢れる仲間と勉強できる誇りです。仲間には宿題はもちろん、仕事上での問題、悩みなど気兼ねなく相談しています。社会人も中堅になって、利害関係なく付き合えるうれしさ…イメージとしては中・高時代の部活仲間のような間柄。何かしら問題が発生したとき、自分の分身がクラスメートにいるという「心の柱」ができました。もちろん自分も仲間に頼られる存在でいたい。職場でもこれらの誇りをもとに営業効率を上げ、売上に貢献したいと考えています。「仕事が学びに、学びが仕事に」を合言葉に。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名TOTO株式会社
    氏名梅本 歩
    コメント
     

    日本の新しい技術経営・イノベーション創造を模索する
    『今日の自分は、昨日の自分よりも賢い』


     企業戦略・組織・マーケティング・イノベーション・ファイナンス・意思決定・知識創造…。経営は非常に多くの側面を持っている。QBSでは、学生には授業への貢献が要求され、発言を交えながら講義が進む。QBSは、学ぶ場であり相互作用の場だ。その結果『自己の問題意識』に『新しい気づき』が生まれる。その新しい目で、自分のマネジメントを見直す・修正する・新しく試す。自分の周囲がゆっくりと変わってくる。自分も変わってゆく。私はそんな毎日が好きだ。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名有限会社ヒサエダコンサルティング
    氏名久枝 良彰
    コメント
     

      私は、主に企業の組織・人事を対象とした経営コンサルティング会社を2年前に創業しました。大学卒業以来、この分野のコンサルティングに携わってきて、実務経験を学問の視点から見直したい、経営者として体系的に経営学を学習したいと考え、QBSを志望しました。自社は、会社の売上の大部分を私の日々のコンサルティング活動で得ていることより、私は履修にあたって3年の長期を選択させていただきました。
    現在は、一期あたり3科目程度のクラスを受講しています。思考の幅が広がるなど、すでに学習が仕事に良い影響を与えており、素晴らしい仲間にも恵まれて、充実した毎日を過ごしています。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名製薬会社
    氏名伊坂 公男
    コメント
     

     私がQBSの門をたたいたのは、新入社員のときに漠然と抱いていた目標である「社長になること」を実現させたいという思いが強くなったからです。将来の目標である自分から現在の自分を見たときに足りないものは、経営者としての「経験」と「知識」。「経験」は仕事をしていく中で身につけていけばいいですが、「知識」については本を読むだけでは不十分であると思いました。
    今は仕事と勉強の両立に苦闘しながら、QBSという最高のフィールドで、経営の理論と実践を学んでいます。また、志を同じくする仲間とともに、熱意あふれる先生に鍛えられながら、日々、自分が成長していることを実感できています。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名薬局勤務
    氏名黒木 正剛
    コメント
     

    新規事業を成功させるために

     2005年11月に会社の新規事業の責任者 になったものの、全く売れない日々が1年以上も続き、かなり追い込まれていました。苦しいときほど勉強の必要性を感じ、すがる思いでQBSを受け、48歳のプレーボールとなりました。ここには、原理原則・基礎基本と革新性があり、志の高い学友との共感があります。すばらしい教授陣に恵まれ、苦しい中にも楽しさがいっぱい詰まっています。新規事業も光が差してきて、今後はアジアのマーケットを視野に入れてゆきたいと思います。QBSで学んだ日々は、ビジネスに示唆を与え、将来の大きな糧になることを実感している毎日です。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名タイ国政府観光庁 福岡事務所
    氏名冨松 寛考
    コメント
     

     幼少をタイで過ごした自分にとってタイは第2の母国でもあります。その『タイ』をもっと観光業を含め様々な事業で一つのブランディングとして確立させ、行政と民間を統合したアンテナショップの役割を果たしうる新たな事業形態を福岡から展開していくためにもで自身の知識・能力を高めようと考え入学しました。
     実際、学校では仕事分野が違う新たな仲間と共に学ぶことで、様々な意見交換から発見があるなど、授業のみではなくそれ以外からも得られる付加価値を実感する充実の日々です。
    今後はQBSで得た知識と考え方を活用し、九州を拠点に日本とタイの相互発展に貢献できる官民が一体となった機構を構築していきたいと考えています。
     それと、いずれは九州で「タイ」と言われれば思いつかれる人物になりたいですね。

    (2007年10月寄稿)

    所属機関名監査法人トーマツ
    氏名小寺 雄一
    コメント
     

    志は無限の可能性への扉

     私は現在ITコンサルティング業務に従事しています。QBS入学の動機は2つありました。ひとつは現在のコンサルティング業務のレベルアップです。ITコンサルタントは、往々にして情報システムがすべてであるかのような偏った発想になりがちです。しかし、企業経営の視点から見れば、情報システムは手段のひとつに過ぎません。QBSで経営学を勉強することで、より広い視野を持つコンサルタントを目指しています。もうひとつの動機は起業のためです。QBSに入学するまで起業は漠然とした夢でしかありませんでした。QBSでの勉強や各種活動に参加するに連れて、夢がより現実的なものになりつつあります。志を持って努力すれば無限に可能性が広がることをQBSを通して実感しています。

    (2007年10月寄稿)


ご相談の方はこちらからお問い合わせください