九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    6期生

    所属機関名-
    氏名小林 亜希子
    コメント
     

    学部時代にフランス・ボルドービジネススクールへ留学していました。フランスでの授業は高度ではありましたが、地域制に規定されてなのか、欧米中心の科目でした。そこで、日本を中心としたアジアビジネスを学びたくQBSへ入学いたしました。
    入学後は上海交通大学へ交換留学いたしました。上海では、International MBAコースに在籍し、中国人を中心とした多国籍なクラスメイトとともに学びました。ビジネスだけでなく、中国の文化や歴史に触れることで、グローバルな視点を身につけることができました。
    QBSで得られるものとしては、知識は当然のことながら、人的ネットワークであると考えています。留学先でも、たくさんの先輩方にサポートしていただきました。人とのつながりの大切さを改めて実感しています。

    (2009年9月寄稿)

    所属機関名食品会社
    氏名内田 一治
    コメント
     

    『ビジネスのキレ、無くなっていませんか?』これはQBS8期生募集メッセージですが、ビジネスのキレを良くする為、自らを磨きたいと思われる方は多いと思います。 私は社会人生活20年余で得た知識や考えを理論的に体系立て、将来のビジネスに役立てたい、そして自らを磨き直したいと思い、QBSの門を叩きました。 入学後、実務経験豊かな先生方の授業、志高き学友・先輩方やアジアの大学の方々との交流等、自らを磨くたくさんの機会がQBSにはあると実感しております。 但し、初志や目標を常に意識していないと日々の忙しさで、時間に流されてしまいます。 卒業迄、初志と目標を意識して、すばらしい機会の中、自らを磨き続けたいと思います。

    (2009年9月寄稿)

    所属機関名三菱化学株式会社
    氏名矢野 広幸
    コメント
     

     製造技術スタッフとして入社以来約15年、化学プラントにおける製造業務一筋で走り続けてきました。それだけに、製造の魅力、難しさは理解しているつもりですが、事業には様々な変化があり、未来永劫、安定で高収益を保てるような事業は存在しません。一方、仕事の根底には「人」という欠かせない存在があります。我々のような製造もしくは技術に携わる人間が、経営に関する知識を修得し、いかに事業、人のマネジメントに関わっていくかは技術を基盤とする企業の継続的発展にとって、今後ますます重要になってくると考えています。人、技術、資源を的確にマネジメントし、経営に繋げることができるスキルを身につけ、なによりバランスのとれた人間を形成することができる場がQBSです。様々な人との出会いやネットワークもあり、日々前向きに、成長を実感しながら過ごしています。

    (2009年9月寄稿)

    所属機関名(株) 福岡銀行
    氏名米川 真
    コメント
     

    『学ぶ楽しさ』を実感

    入学時、私の社会経験は丸3年。日々の業務に打ち込みながらも、自己啓発に対する「チャレンジ」を失いつつある自分に不満を感じていました。
    そこで私は自分を見つめ直し、自身の視野の拡大、経営に関する知識の獲得、人的ネットワークの広がりを求め、QBSへの「チャレンジ」を決心しました。
    充実したMBAのカリキュラム・24時間利用可能な自習室は、知識を深める環境として最適であり、特に志の高い仲間との講義内外でのディスカッションは大変有意義な時間です。
    そして、QBS入学後の私自身の大きな変化は、知識と実務のつながりを通して『学ぶ楽しさ』を実感するようになった事です。
    『学ぶ楽しさ』を知ってからは、公私共に日々の生活が充実し、会社内でも同期とチームを組んで勉強会を行う等積極的に活動しています。
    今後もQBSで知識・能力を高め、実務の成果に繋がる様に私の「チャレンジ」は続きます。

    (2009年9月寄稿)

    所属機関名-
    氏名石田 保憲
    コメント
     

     私の家系は地場で家族経営を続けており、将来的に父の跡を継いで事業を発展させたいと考えております。しかし私が理系出身ということもあり、経営に関する知識・実力が足りていない事はわかっているものの何を学ぶべきか判らずにいました。そんな折、
    母校の教授からQBSを紹介して頂き、オープンキャンパスや学校説明会に参加して「ここで学びたい」と強く感じ、入学願書を提出しました。
    QBSで様々な授業を受ける度に、経営・ビジネスがここまで体系化されていたのかと、迷いの中にいた自分の視界が晴れていく思いがしています。
    更に自力では会う事が出来ないような方々と意見交換したり実際の事業計画に参加させて頂いたり、今も色々な形で刺激を受けております。
    現在は仕事と勉学に加え、九州・関西の他大学ビジネススクールとの勉強会を企画・開催しております。
    QBSの更なる発展の一助となれば幸いです。

    (2009年9月寄稿)


ご相談の方はこちらからお問い合わせください