九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    8期生

    所属機関名コカ・コーラウエスト株式会社
    (南九州コカ・コーラボトリング株式会社からの出向)
    氏名稲森 哲也
    コメント
     

     私がQBSへの入学を志望した理由は、仕事における判断力を身につけるための知識を得ることができると考えたからです。

     ところがどうでしょう。実際にQBSに入学してみると、知識以上に得られるものがたくさんあるのです。正直、MBAの知識なんて文献を読めばいくらでも得ることができます。しかしながら、日常の生活の中で、それらについて熱い議論をする場があるでしょうか。自分の考え方を客観的に整理する機会があるでしょうか。私はそこにQBSの大きな魅力を感じています。
     QBSというところは不思議なところです。QBSから価値を得ようと入学した学生たちは、半年もすれば「自分たちがQBSの価値を高めるのだ」ということを考え出します。そういった仲間と共に過ごす時間は、今後の私の人生において最もかけがえのないものになると確信しています。

    (2011年10月寄稿)

    所属機関名川原範子税理士事務所
    氏名川原 範子
    コメント
     

     「閉塞感を感じた時には、自ら動いてみる」というのが私のポリシー。自分の持っている価値観に変化が生じるのはやはり人との出会いが起因となることが多いように思います。そういった意味でQBSへの入学は先生方や同期、OBの皆様といった、多種多様な価値観を持った素晴らしい方々との出会いが満載で多くの変化を私にもたらしてくれました。

     日頃は税理士として会計の視点から経営者の方々とお話をさせていただいているのですが、企業の活動は数値だけで表現されるものでもなく、様々な側面を持っているのだということを日々学んでいるところです。

     今秋からは、独立開業し、自分の事務所を持つことになりました。QBSで学んだことを現場で活かしながら、中小零細企業の経営者の皆様の良きパートナーとなれるよう、自分自身、更に成長して行きたいと思っています。

    (2011年10月寄稿)

    所属機関名地場卸売業
    氏名藤井 弘貴
    コメント
     

     入社して10年。中堅と呼ばれる世代になり、取引先の経営者やマネジメントしている方々と接する機会も増え、時には経営に関して意見を求められることもありました。その際に、自分の力不足を痛感し、もっと経営を体系的に学びたいと考え、QBSへ入学しました。

     実際に入学してみると、講義での体系的な学びは勿論ですが、経験豊富な先生方や異業種の第一線で活躍しているクラスメイトとのディスカッションでは、常に多くの「気付き」があり、日々の学生生活で学ぶ楽しさを実感しています。また、課外活動を通じて修了生や海外の提携スクールと交流が出来、QBSならではのネットワークも得ることが出来ました。

     知識だけでなく、多くの方々との出会いが得られることもQBSの魅力だと感じています。

    (2011年10月寄稿)


ご相談の方はこちらからお問い合わせください