九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    9期生

    所属機関名福岡市役所高良 美穂
    氏名高良 美穂
    コメント
     

    どうしたら、もっと組織や社会に貢献できるビジネスマンになれるのかという不安を抱えていました。
    この不安を少しでも解消したい、学んだことが今の業務にすぐ活かせなくとも少しでも成長するきっかけをつくりたい。
    そういった思いから、QBSに入学しました。

    QBSでは、様々な業種・経験を持った同級生・先輩方と共に、講義を受けます。
    先生方や仲間から、新しい知識や考えたこともない視点、高い向上心や仕事への熱い思いなどを学ぶことができ、日々大きな刺激を受けています。

    先生方や仲間から受ける知的な刺激のシャワー!!!それこそが、QBSの魅力であると思います。
    確かに、仕事をしながらの通学に不安を感じる方も多いと思います。
    私も不安でしたが、とにかく一生懸命な毎日です。しかし、QBSで学ぶ2年間は、とても刺激に満ちたかけがえのない時間となることと思います。

    (2011年10月寄稿)

    所属機関名九州旅客鉄道株式会社本竹 真徳
    氏名本竹 真徳
    コメント
     

    「貪欲に学び成長する」

    今の会社に入社して7年目です。今の自分に疑問を持ち変えたいという思いと、会社としても九州しても将来の発展のためにはアジアにもっと近づきビジネスを行うことが必要と感じ、その知識とスキルを身につけるためにQBSへの受験を決意しました。

    入学後は密度の濃い授業と、新たな仲間との出会い、志高い仲間との討論に本当に日々興奮しています。皆、ビジネスの知識と自分の成長と糧になることへは本当に飢えており、日々貪欲に学び、自らの成長を実感しています。また現在は自治組織である、学生会の会長も務めており勉学と共に組織運営も行っています。

    1年の前期が終了したばかりですが、残りたった1年半しかないと焦燥感でいっぱいです。思い描く自分を実現させ「夢」を叶えるために走り続けます。

    (2011年10月寄稿)

    所属機関名平田機工株式会社真弓 恭一
    氏名真弓 恭一
    コメント
     

    「ブランドを創り上げるのは自分」

    熊本の企業で長年人事に従事する中、もっと総合的な経営スキルを身につける必要があると考え、海外や国内のビジネススクールを検討しましたが、授業で得たことを即仕事で実践できるというメリットを重視し、熊本で仕事をしながら通学可能なQBSに決めました。国際性、アジアビジネス、MOTを重視した特徴的なカリキュラムも決めた理由の一つです。

    ビジネススクールは学ぶ場というより、教えあう場、お互いを高め合う場。受け身では自分のものになりません。授業でのディスカッションなど自らアクションを起こせば優秀な教授陣や仲間達はそれに応えてくれます。

    授業の質や学習の効果を決めるのも自分、これからのQBSのブランドを創り上げていくのも自分、自分のブランド価値を高めるのも自分なのです。
    これからもQBSでのブランド創りのチャレンジが続きます。

    (2011年10月寄稿)


ご相談の方はこちらからお問い合わせください