ABOUT QBSQBSとは

経済学府長からのメッセージ

経済学府長
岩田 健治

九州大学ビジネス・スクール(QBS)は、2003年4月、国立大学のビジネス・スクールとしては一橋大学、神戸大学に次いで日本で第3番目、九州圏では最初の本格的なビジネス・スクールとして開校しました。QBSは、「経営と産業技術の知見をもって変革をリードし、アジアで新たな事業価値を創造する国際的なビジネス・プロフェショナル」を、この九州の地から育成すること目指しています。

そのため、世界に数あるビジネス・スクールの中でもQBSは以下の点で際立っています。

第1は、アジアにフォーカスした独自の教育プログラムです。グローバル化時代のビジネスは、世界の潮流や動向と無関係に展開することはできません。世界の成長を牽引するアジアの主要都市とも近く、少子高齢化のなかでなお発展を続ける福岡に立地するQBSは、アジアにおけるビジネス教育の拠点の一つとなっています。そこでは、ビジネス英語関連科目の他、九州大学が有する国際的ネットワークを生かし、アジアの有力大学へのスタディーツアーや交換留学などの機会が提供されています。またアジアの有力ビジネス・スクールから招聘された経験豊かな講師により「アジア・ビジネス戦略」という科目も開講されています。

第2は、技術をビジネスに結びつける「技術経営(MOT:Management of Technology)」を重視している点です。そのために、当該分野をリードする複数の有力教員による授業の他、九州大学が有する総合的・先端的な知の仕組を活用した教育プログラムが提供されています。

また個々のQBS生が直面しているビジネス課題を、教員とともに論理的・分析的に探求するプロジェクト演習は、欧米のビジネス・スクールにはない大きな特徴です。

このようにQBSでは、実業界や学界で優れた実績を有する一流の教員による「理論と実践の融合」した特色ある教育が展開されています。

QBSの修了者には「経営修士(専門職)」の学位が授与されます。英語ではMBA (Master of Business Administration)という学位で、グローバルに通用します。九州大学で仕事と学業を両立させながら自らが掲げた目標に果敢に挑戦し、このMBAを取得した修了生は、QBS創設以来600名を越え、アジアをリードするビジネス・プロフェショナルとして様々な分野で活躍しています。

九州大学ビジネス・スクール(QBS)の教育理念や教育内容に興味をお持ちになった皆様は、是非九州大学でのMBAの取得を目指してほしいと思います。

2019年7月

専攻長からのメッセージ

専攻長
永田 晃也

「改革」から「再生」へ

2003年4月に発足した九州大学ビジネス・スクール(QBS)は、今年(2019年)、17年目を迎えました。この間、QBSのMBA(経営修士)教育プログラムは、高度の専門知識を持ったビジネス・プロフェッショナルを志向する学生に集中的な学びの場を提供し、2018年度末までに639名のMBAホルダーを輩出することができました。専門職学位課程として5年ごとの受審が定められている認証評価は、2018年度中に3度目の評価サイクルが終わり、大学基準協会より高評価での適合認定を取得しています。

こうしたQBSの教育実績は、無論容易に実現した訳ではなく、学生の真摯な研鑽、教員の不断の努力、および地域の産業界をはじめとする関係各界からの信頼とご支援により獲得できた成果です。この過程で充実を遂げてきた教育プログラムは、その基盤が常に安泰であるとは言えないとしても、成熟したシステムとしての要件を備えるに至っています。

ただ、いかなるシステムも成熟期の次に訪れる衰退期を、坐したまま回避することはできません。大学の教育システムが衰退期に陥るリスクは、学術的な知識を陳腐化させる外部環境の変化によって高まります。そして、ビジネス・スクールの教育システムは、今まさに激動する国際情勢や加速する技術革新といった変化の挑戦を受けているのです。

もとより法人化以後の国立大学は、研究力の向上や新たな教育ニーズへの対応を目的とする「大学改革」を迫られ、各大学では様々な改革プランが実行に移されてきました。そこで導入されてきた教員評価の仕組みや、カリキュラムの組み換えが無益な試みだったとは言いません。しかし、所詮「改革」とは、既存のシステムを「改める」ものである限り、外見の派手やかさに反して、その実質は弥縫的な延命策に止まる傾向を持つものです。

私は、殊にビジネス・スクールの教育プログラムにおいて脱成熟を可能にする取組みは、外形的に目立った変化を追うことではなく、新たな環境の中で、もう一度教育組織を誕生させてみようとする意思に始まる内面的な変化を起こすことであり、「改革」(reformation)というよりも、むしろ「再生」(regeneration)をキーワードとする性質を持つものではないかと思っています。そして、そのような本質的な革新が、QBSの教員と学生による密接な連携の下で実現していくことを確信しています。

2019年7月


TOP