九州大学ビジネス・スクール

ABOUT QBSQBSとは

経済学府長からのメッセージ

経済学府長
大石 桂一

九州大学ビジネス・スクール(QBS)は、2003年4月、国立大学のビジネス・スクールとしては一橋大学、神戸大学に次いで日本で第3番目、九州では最初の本格的なビジネス・スクールとして開設されました。QBSは、「経営と産業技術の知見をもって変革をリードし、アジアで新たな事業価値を創造する国際的なビジネス・プロフェショナル」を、この九州の地から育成すること目指しています。

QBSは他のビジネス・スクールにはない、次のような特徴を持っています。

第1に、アジアにフォーカスした独自の教育プログラムです。グローバル化時代のビジネスは、世界の潮流や動向と無関係に展開することはできません。世界の成長を牽引するアジアの主要都市とも近く、少子高齢化のなかでなお発展を続ける福岡に立地するQBSは、アジアにおけるビジネス教育の重要な拠点となっています。九州大学が有する国際的ネットワークを生かし、アジアの有力大学へのスタディーツアーや交換留学などの機会を豊富に提供するとともに、毎年アジアの有力ビジネス・スクールから経験豊かな講師を招聘して「アジア・ビジネス戦略」という科目を開講しています。

第2に、技術をビジネスに結びつける「技術経営(MOT:Management of Technology)」を重視している点です。当該分野をリードする複数の専任教員による授業にくわえ、総合大学である九州大学の強みを生かして、他学部や多くの学内の研究・教育センターと連携した先端的教育プログラムを提供しています。

第3に、個々のQBS生が直面しているビジネス課題を、教員とともに論理的・分析的に探求する「プロジェクト演習」を実施していることです。これは、欧米のビジネス・スクールにはない大きな特徴です。

このようにQBSでは、実業界や学界で優れた実績を有する一流の教員による「理論と実践の融合」した特色ある教育が展開されています。

QBSの修了者には「経営修士(専門職)」の学位が授与されます。英語ではMBA (Master of Business Administration)と呼ばれ、グローバルに通用する学位です。QBS創設以来、仕事と学業を両立させながら自らが掲げた目標に果敢に挑戦し、このMBAを取得した修了生は700名を越え、アジアをリードするビジネス・プロフェショナルとして様々な分野で活躍しています。

九州大学ビジネス・スクール(QBS)の教育理念や教育内容に興味をお持ちになった方は、ぜひ九州大学でのMBAの取得を目指してください。皆さんのチャレンジをお待ちしています。

(2021年5月)

専攻長からのメッセージ

専攻長
高田 仁

昨年、私達の日常は、未曾有のコロナ禍により大きく変容を強いられました。

遠隔でのコミュニケーションが増え時間の使い方が効率化された反面、新しい人間関係の構築や維持に大きな課題を抱えるようになりました。これまで当たり前と認識していたことがいとも簡単に失われるという現実に直面しながら、一方で、従来は見られなかった新しい取り組みをあちこちで目にするようになりました。

また、コロナ禍で行動が制限されたことよって、一旦立ち止まってしばらく脇に置いても構わないことと、立ち止まるべきではないことの峻別が進みました。立ち止まることが許されない重要事項の一つが教育です。QBSでは、組織内外の関係者の尽力により、新学期の講義を速やかにオンラインへと移行し、予定された科目をほぼ全て開講することができました。また、感染拡大が比較的抑制された期間は、対面での受講を主としつつ、諸事情により出席できない学生も遠隔で履修が可能なハイブリッド型によって講義を継続してきました。

このように、未曾有のコロナ禍は、私達の限界を知らしめると同時に、制約や限界を超えて価値を創造する機会を提示してくれたことを、前向きに受け止めたいと考えます。

QBSは、育成すべき人材像として「経営と産業技術の知見のもとに変革をリードし、新たな事業価値を創造する国際的なビジネス・プロフェッショナル」を掲げています。今まさに、旧来のあり方を大胆に見直して変革へと導くべくリーダーシップを発揮し、新たな価値創造に邁進する人材が求められています。QBSは、経営マネジメントに関する先端の理論や知識を提供するカリキュラムのみならず、実践を通じて知識の定着を図る様々なプログラムを提供しています。アジア各国の最新動向に触れる国際交流プログラム『ICABE』、自ら考案した事業アイデアをチームで仮説検証し投資家などにプレゼンテーションする『QBSビジネスプラン・コンテスト』、2年次のプロジェクト演習論文の成果を発表する『MBA成長戦略フォーラム』などはその一例で、多くは学生達の主体的な関与によって継続されています。昨年度のコロナ禍においてはいずれも対面実施が叶いませんでしたが、学生達の創意工夫により、オンラインを駆使して活動が継続されました。

QBSは、コロナ禍にあっても、変革をリードし新たな価値創造に向けた挑戦を続けて参ります。

(2021年5月)


TOP