ABOUT QUALITY ASSURANCE点検評価について

QBSにおける点検評価の仕組みについて

九州大学ビジネス・スクールの教育、研究、管理運営などについては、様々な角度から点検評価が行われています。

まずは、国立大学法人評価です。これは文部科学省に置かれた国立大学法人評価委員会による6年毎の評価です。

QBSは九州大学の一員ですから、法人評価の対象となっています。また、国立大学法人は「認証評価」を受ける必要があり、九州大学は「学位授与機構」による認証評価を受けています。QBSも九州大学の一員として同機構の認証評価を受けています。

更に、QBSは文部科学省「専門職大学院設置基準」に基づき、経営系専門職大学院としての認証評価を5年毎に受ける必要があります。九州大学ビジネス・スクールは、継続的にこの認証評価を受け、直近の認証評価において大学基準協会より、『経営系専門職大学院認証の適合認定』(2019年 4月1日発効)を取得しています。

以上は、法令に基づく第三者評価ですが、QBSはこのほかにも独自に財界、官界、教育界の有識者からなる「外部評価委員会」を設け、平成15年の創立以来毎年同委員会による評価を受けています。平成31年度4月からは、「教育連携推進会議」を新たに設立し、同会議の評価を受けています。

また、九州大学では、学生及び教員による授業評価を中心とした「FD(Faculty Development)評価」を積極的に進めており、QBSにおいてもビジネススクールに相応しい「FDアンケート評価」を行っています。

各評価についての具体的な説明は、各項目をご覧下さい。


TOP