九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    九州・アジア/中国ビジネス研究会 第107回研究会開催案内

    日時 :  平成225()18:30 ― 20:30

     

     

    場所 : エルガーラ・オフィス棟 6階601-2号室 久留米大学福岡サテライト教室

    福岡市中央区天神1-4-2 大丸エルガーラ東館TEL : 092-737-3111

    (エルガーラ・オフィス棟は天神 大丸エルガーラ東館と国体道路沿いで隣接するビルです)

     

    テーマ: Startupとアジアのエコシステムの最新動向

     

    講師: 一般社団法人Startup GoGo 代表理事 岸原稔泰氏

     

     

     

    [講師プロフィール] 

    昭和48年6月生 福岡県北九州市出身 平成8年4月(株)ヤオハンジャパンに入社、経営企画部門に配属、平成11年8月グロースアシスト(旧社名ディー・ブレイン九州)入社。九州地域においてグリーンシート及び証券取引所上場のためのコンサルティング業務に従事。平成17年4月よりIPO専業証券会社に出向。経営企画室長、公開引受部門の責任者を務める。平成21年7月よりMBOを実施して株式会社グロースアシスト代表取締役就任(現任)、平成28年1月一般社団法人Startup GoGo設立代表理事就任(現任)

     

     

    [講演概要] 

    現在のテクノロジーの進化に伴うイノベーションの進展は「第4次産業革命」とも呼ばれ、あらゆる産業分野において大きな変革の時代に突入している。その変革を担うのが「Startup企業」であり、シリコンバレーを震源地として、世界中で起業家を生み育てる環境「エコシステム(生態系)」作りが進んでいる。その中で福岡が「グローバル創業・雇用創出特区」に指定されStartupの街として注目を集めている。

     

    講師は民間主導のStartup支援団体「一般社団法人Startup GoGo」を設立し、Startupイベントやアクセラレーションプログラム(育成支援プログラム)の運営、西鉄やニシム電子工業とのオープンイノベーションの取り組み、コワーキングスペースの運営などを行っている。平成2016年11月には、上海、台湾、大阪、東京のコワーキング運営者同志による相互協力のMOUを締結するなど、国際的なエコシステム構築にも取り組んでいる。

    本講演では、現在のStartup状況、StartupGo!Go!の取り組みを紹介するとともに、講師が訪問したアジア各国のStartupの状況について報告する。

     

    会費:参加ご希望の方は以下に申込み、登録の上、当日会場入り口にて参加費1000円をお支払いください。

     

    申込み先:(株)アジアソリューション・中山芳美 宛

     

    電話  092-741-9338   E-mail : yoshimi@asol.ne.jp

             九州・アジア/中国ビジネス研究会        

     

    主催:(一社)九州・アジアビジネス連携協議会  共催:九州中国研究会

     

     


    投稿者:QBS支援室