九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    令和2年度(2020)入学者の募集について

    九州大学のビジネス・スクールである「九州大学大学院経済学府産業マネジメント専攻」は、令和2年度(2020)の入学希望者を募集いたします。
     募集の概略は下の表の通りですが、詳細については、必ず「令和2年度(2020) 九州大学大学院経済学府産業マネジメント専攻-九州大学ビジネス・スクール(専門職学位課程)募集要項」(以下、“募集要項”という)をご覧ください。
     「募集要項」は大学説明会等で配布するほか、次の二通りの入手方法がございます。

    【 ダウンロード 】上の「募集要項」タブからダウンロードが可能です。
    EXCELファイルを利用する場合には、入力後、印刷したものを提出してください。EXCELファイルでの提出はできません。
    【  郵  送  】205円切手を貼付した返信用封筒(角型2号33cm×24cm、宛先を明記したもの)を同封の上「産業マネジメント専攻一般(特別)選抜募集要項送付希望」と明記し、下記にお申し込み下さい。
    〒819-0395 福岡市西区元岡744 
    九州大学人文社会科学系事務部教務課教務第二係

    項目一般選抜募集概要特別選抜募集概要
    募集人員45名若干名
    出願期間

    令和元年9月24日(火)~10月1日(火)17時

    令和元年12月25日(水)~令和2年1月7日(火)
    (12月28日(土)~1月5日(日)は窓口受付なし)

    【特例】日本国外に居住する方のみ選択可能

    E メールで提出後,原本を郵送又は窓口へ提出する場合
    ※ Eメールでの提出のみでは出願は完了しないことに留意すること。必ず第一段階及び第二段階の両方の手続きを行うこと。
    (第一段階)E メールでの提出(全ての出願書類をPDF ファイルで送ること)
    令和元(2019)年9月24日(火)~10月1日(火) 23:59(日本時間)まで
    提出先E メールアドレス qbs_exam@econ.kyushu-u.ac.jp
    (第二段階)原本の提出(出願書類⑵⑶⑷⑼⑽のみ)
    令和元(2019)年9月24日(火)~10月8日(火) 各日とも17時まで
    但し,土日祝日の窓口受付は行わない。郵送の場合も,10月8日(火)までに必着のこと。
    なお,第一段階で送信した際に九州大学から受信した自動返信メールを必ず保管しておくこと。自動返信メールが届かなかった場合には,九州大学人文社会科学系事務部教務課へ10月2日(水)17時までに連絡すること。

    選抜方法

    【 第1次試験 】
    出願書類による審査:学習能力,学習意欲,将来性等を精査する。
    審査方法:「学習計画書」に基づく審査
    ※合否結果については,令和元(2019)年10月28日(月)頃に志願者あてに発送する。

    ⑴ 出願書類による審査
    ◎ 「学習計画書」による審査
    問題意識,学習能力,学習意欲,将来性等を精査する。
    ◎ 「課題論文」による審査
    課 題 論 文:「 新たな事業価値の創造に向けた構想」と題し,自己の持つ事業価値創造の構想について論じなさい。なお,新たな事業価値の創造とは,例えば起業や企業内新規事業の創出,アジアをはじめとする海外市場への新規進出等に加え,自組織の大胆な変革に不可欠となる新たな戦略立案なども含む。
    論文分量:2,000字程度(A4用紙,以下の4項目を含むものとし,表や図は別添付のこと)
    ・構想の概要
    ・構想の背景と自己の問題意識
    ・実現への道筋と自らの役割
    ・構想実現によってもたらされる組織的・社会的価値
    ⑵ 日本語での口頭試問による審査
    全ての受験者に対して、令和2(2020)年1月26日(日)に行う。
    課題論文質疑及び資質,将来性,意欲,語学力(外国籍の者)を精査する。
    ⑶  英語能力を証明する書類の未提出者は,英語授業への適性を審査する。なお,英語圏において英語による大学教育を修了した者に対しては英語能力審査は行わない。

    【 第2次試験(第1次試験合格者のみ)】
    第1次選抜合格者に対して、令和元(2019)年11月2日(土)~11月3日(日)のうち指定された日に第2次試験を行う。
    〈日本国外に居住する者で出願時に選択したもの〉
    インターネットを利用したビデオ通話により第2次試験を行う。
    ⑴ 日本語での口頭試問による審査:資質,将来性,意欲,語学力(外国籍の者)等を精査する。
    ⑵  英語能力を証明する書類未提出者には,英語授業への適性を審査する。なお,英語圏において英語による大学教育を修了した者に対する英語能力審査は行わない。

    合格発表

    令和元年11月27日(水)

    令和2年2月18日(火)


    *「英語能力を証明する書類」については、下の説明をご参照ください。

     

    英語能力の審査について

     基本的には、TOEFLまたはTOEICなどの英語能力を証明する書類の提出を求めますが、一般選抜受験の方で検定証明書をお持ちでない方については、第1次試験を通過された方のみ、第2次試験において、英語授業への適性を審査するための筆記試験を行います。
     なお、特別選抜受験の方で検定証明書をお持ちでない方については、口頭試問審査時において英語授業への適性を審査するための筆記試験を行います。

    TOEFLおよびTOEICについて
    ・「英語能力を証明する書類」とは、「TOEFL」または「TOEIC」の検定証明書を指します。
    ・これから、九州大学ビジネス・スクール出願のために、新たにTOEFLまたはTOEICを受験してスコアカード(検定証明書)を取得しようとする方は、次の案内を参考に、各自受験手続を行なってください

    TOEFLについて・TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は英語を母国語としない人々の英語力を測るテストで、ETSの主催で、インターネットベースまたはペーパーベースで行われています。
    ・勤務先などの団体受験で取得したTOEFL-ITPの検定証明書も当ビジネス・スクール出願書類として受付けられます。
    ・TOEFLについては、次のHPを参照して下さい。

    http://www.cieej.or.jp/

    TOEICについて・TOEICとはTest of English for International Communication の略称で、英語によるコミュニケーション能力を評価するテストです。
    ・TOEICにも「TOEIC-IP(Institutional Program)」という団体特別受験制度があります。勤務先などの団体受験で取得したTOEIC-IPの検定証明書も当ビジネス・スクール出願書類として受付けられます。
    ・TOEICについては、下記HPを参照して下さい。

    http://www.toeic.or.jp/

     

    障害等のある入学志願者について

     本学では、障害等のある者に対して、受験上及び就学上必要な配慮を行う場合があり、そのための相談を常時受け付けています。
     受験上の配慮については、内容によって対応に時間を要することもありますので、出願前できるだけ早い時期に下記連絡先まで相談してください。

    【 連絡先 】
      
    〒819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学人文社会科学系事務部教務課教務第二係
    Tel: (092) 802-6367

    E-mail:jbk-qbs(a)jimu.kyushu-u.ac.jp
    ※(a)はアットマークに読み替えて下さい。

    募集要項の入手

    募集要項(一般選抜)
    ダウンロード


    募集要項(特別選抜)
    ダウンロード



     

    募集内容などについてのお問い合わせはこちら


ご相談の方はこちらからお問い合わせください