九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール

九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻 九州大学ビジネス・スクール


ご相談の方はこちらからお問い合わせください

    九州大学×みぞえグループ 第28回 イブニングビジネススクール開催!

    第28回目となる今回の講義は、目代武史准教授による「シェアリングが変える、ビジネスの常識」と、平松拓教授による「企業価値を高める経営とは?」です。
    ビジネススクール在校生・修了生はもとより、ビジネススクールに興味があるという方まで楽しく学べるイベントです。このイベントで是非”ビジネス力”をアップさせてください!

     

    【日時】
    2018年10月10日(水) 18:30受付開始 /19:00開始 (21:00終了予定)

     

    【会場】
    FM福岡 会議室(福岡市中央区清川1-9-19渡辺通南ビル5F)

     

    【参加費】
    1,000円 ※当日、受付で徴収いたします。

     

    【講師/テーマ】
    目代 武史 (九州大学ビジネス・スクール准教授)
    テーマ:シェアリングが変える、ビジネスの常識

     

    いまUberやAirbnbなどのシェアリング・ビジネスが注目を浴びています。例えば、シェアリング・ビジネスの代表格である「民泊」は、2020年東京五輪に向け、宿泊施設不足解消の切り札として期待されています。所有から共有への流れは、社会に存在する資産を有効活用することで、新たなビジネス機会をもたらす可能性を秘めています。その一方で、白タク問題や違法民泊など負の側面も指摘されています。本講義では、様々な事例を読み解きながら、シェアリング・ビジネスの課題と展望をご来場の皆さんと考えていきたいと思います。

     

    平松 拓(九州大学ビジネス・スクール教授)
    テーマ:企業価値を高める経営とは?

     

    近年のコーポレート・ガバナンス改革により、「企業価値経営」ということに改めて焦点が当たっています。しかし、単に企業価値経営と言っても、それが具体的に何を意味するのか、そこではどのような経営が求められるのか、必ずしも明確に理解されていない面があるかと思います。今回は、東芝による7000億円の巨額自社株購入や、日米両国企業の資本政策の違いなどに触れながら、今後の日本企業の企業価値経営のあるべき姿について、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

     

    【定員】
    50名

     

    【イベントMC】
    こはまもとこ

     

    【主催】
    みぞえグループ

     

    【協力】
    QTPro

     

    【参加申込】

    現在、参加申込受付中です。

    ◎お申込はエフエム福岡のHPから◎
    http://fmfukuoka.co.jp/event/main.html
    ※お申込み後数分以内に、自動で案内メールをお送りいたします。
    ※必ずメールアドレスをご記入のうえ、 「fmf.webmas@gmail.com」よりメール受信出来るように設定をお願い致します。